ボキボキしない無痛調整

神経の働き

当院では、「神経機能の誤作動」「その学習記憶」の調整から、お悩みの諸症状の改善のサポートをしております。

骨の歪みや骨盤のズレなどを気にされる方が多いですが、多くの場合それらの構造的な現象は、症状とは無関係です。

身体の機能をコントロールしているのは神経機能です。
神経機能を整えるのには、神経系のセンサーに最適な刺激と、それを繰り返す学習が必要であり、慢性化した症状は慢性化する学習記憶が存在しますので、その上書きが重要になります。

当院では、神経機能の誤作動学習記憶にフォーカスした施術を提供しています。



神経機能の誤作動に、アクティベータ・メソッド

AMI.jpg

「神経機能の誤作動」を調整するのに、ボキボキといった操作は全く必要なく、機能障害が起きている神経のセンサーと同じ振動周波数の振動を与える事で、機能が回復していきます。
当院で提供してるアクティベータ・メソッドという療法は、素早し振動と軽い負荷で、関節周囲の神経のセンサーと同じ振動周波数を繰り出す事が可能なアクティベータ器という器具を使った療法です。
この機器は、アメリカFDA(食品医薬品局)の認証を受けており、安全性に優れた機器です。
当院では、今までに0歳から94歳の方のサポートをしてきました。

(英語ですが、イメージが分かりやすいと思います)
※音が出ます



誤作動の学習記憶に、心身条件反射療法

神経系の誤作動は、様々な情報(感情や五感など)と結びついて記憶され、蓄積されいると考えられます。
その誤作動の記憶を顕在化して、健全な神経回路として再学習していく事で、慢性的な症状が改善に導かれています。


心身条件反射療法の説明


心身条件反射療法アニメ―ション