ファインカイロプラクィックの施術の流れ

一般的な整体・マッサージ・接骨院・カイロプラクティックとは違い、ファインカイロでは患者さんとのコミュニケーションを大切にします。
特に初めて来られる方には、詳細な病歴聴取のために問診票の記入をお願いしています。
落ち着いてご自身の症状と向き合って頂く大切時間です。
少し早めにご来院頂いて、ゆっくりとご記入して下さい。


1.問診票の記入

問診票の記入

ソファにお座り頂いて問診票のご記入をお願いします。
問診票は全部で3枚あります。
詳しい病歴聴取のために必要です。
ゆっくりで構いませんので、時間をかけてご記入ください。


2.病歴聴取で細かく経過をチェックします

病歴聴取

問診票を元に今までの症状の経過を詳しくお伺いします。
お話していく内に思い出すことが出てくる事があります。遠慮せずに色々とお聞かせください。
言いにくい内容などもあると思いますが、守秘義務がありに他に漏れることはありません。ご安心ください。


3.施術の準備

施術の準備

施術の前に身に付けているアクセサリーを外してください。
メガネ、ブレスレッド、時計、アクセサリー(ネックレス、指輪、ピアスなど)、ベルトなどを外し、専用のアクセサリーかごがありますのでそちらに入れてください。
施術後はお忘れの無いように注意してくださいね


4.自律神経の測定

自律神経の測定、HRV、ストレス検査

ファインカイロでは、身体をコントロールしている自律神経の状態を初診時にチェックしています。
自分でも意識していない身体の緊張などを調べることで、身体の状態がどういう状態か把握する事ができます。
身体を興奮させる神経である交感神経と身体を休ませる副交感神経のバランスがとっても大切です。

交感神経と副交感神経は、いわば天秤のような関係で、バランスを取り合うように働きますが、どちらかに偏りがあったりする状態が続くことで、様々な不調が現れてきます。

例えば、職場の人間関係のストレスなどで体調を崩す場合・・・

人間関係のストレス

自律神経(交感神経と副交感神経)バランスの乱れ

生命活動の乱れ (呼吸が浅くなる・体温調節ができない)

体調不良(筋の緊張・不眠・手足の冷え・うつなど)


5.各種カイロプラクティック検査

可動域検査、筋力検査、神経学的検査、神経反射検査

身体の状態を見るために、理学検査、筋力検査、神経学的検査、可動域検査などを行い、今の身体の状態をチェックし、身体の機能が悪くなっている部分を特定していきます。

痛みだけでなく、動かした感覚、筋力を入れやすい感覚、触れられた感覚などに注目してください。


6.状態の説明

状態の説明、治療方法の説明

検査で見えてきた身体の状態を説明し、どうやって改善に導いていくのかを説明します。
出来るだけ分かりやすくお伝えする様に努力しています。
分かりにくいことがあったら、遠慮せずに質問してください。
どんどん施術に興味を持って積極的に関わって頂く方が改善が早いと思います。


7.アクティベータ・メソッドで神経機能の調整

アクティベータ・メソッドによるケア

体全体の神経バランスを、アクティベータ・メソッドで整えていきます。
足の反射を使った優しい検査で、神経の働きの悪い部分を特定し、優しい振動刺激で関節を振動させ、関節内の受容器に働きかけて、神経の働きを改善させていきます。

アクティベータ・メソッドのマンガ

アクティベータ・メソッドのケアを分かりやすく紹介したアニメが、アクティベータ・ネットワーク・ジャパンより提供されています。

こちらを見て頂くと、どんな治療法なのか、よりわかり易いと思います。
ぜひ1度ご覧下さい。

患者さん用のイメージビデオ

アメリカ本部が作った、アクティベータ・メソッドのビデオがあります。
英語版ですがイメージをつかみ易いかもしれません。
音が出ます。英語です。


8.ニューロパターンセラピーによるストレスの施術

9.施術後の評価

10.今後の治療プランの案内と説明